ブライトW

ブライトW「ジェルが白さの秘訣」篇



わーいわーい(*´▽`*) 新しいCMデスね!!
白シャツが似合います~

捕獲したいね!!「ライオンのグータッチ!」で流れるかなぁ

漂白剤は何となく選んでません、宏で選んでます!!

IMG_7203 400

早速、新しポップのブライトWあったー!!

LION ブライトW

CM

HPも新しいお写真が!大きい!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「女の勲章」何度も見てます。
いつもはこういうドロドロドラマ、進んでは見ないけど
玉たんの役作りは周到だし、タバコ吸う姿や、手指の綺麗さはどこをとっても額縁に入れたいくらいに
素敵だし、衣装やロケ地もこだわっていてとても見ごたえがありました。
最後の涙で銀四郎さんにすべて持っていかれたなー。

玉たんがあまりに素敵で心を奪われてたけど、
ふと思うに女の人にとって内容は辛いものですよね。
まだまだ女性が仕事したり活躍するには壁が多い時代だし。
式子さん、結局嫌だと思っていたお母さんと同じ境遇?になってしまったし、死んじゃうなんて。

女の毒、とか 女の園は昔から怖い、とか妬み嫉みなんていうキャッチコピー見て二の足踏んだ人いたかも。
男は見ないかもだし。どう?みてた?
まるで最近の〇ー〇ランドみたいじゃないですか。
ああこわ。

でも実は4人の女がひとりの男に振り回されてたってだけなんだけど、
銀四郎も最後には重心を失ってたわね。
ちゃんと愛を伝えないから。そういう時はたいてい悲劇を迎えます。

式子さんに「あなたを4人で分け合うなんて、死んだ方がまし」って言われたとき、
愛を感じなかったの?自分でも気づいてなかった?

男が強いか、女が強いか、どっちが勝つかとか?
そんな風にしか考えられなかった?

山﨑豊子先生は、結局何が言いたかったのかなぁ。



ポチポチお願いします。
拍手する

「幕末高校生」李闘士男監督ディレクターズナイト


「youtube Space TOKYO」 六本木ヒルズの29F。こんなオシャレなところがあったのね。


玉友さんに教えていただいて、
YouTube Space Tokyoでの
幕末高校生」李闘士男監督ディレクターズナイト
に行ってきました。

久しぶりに玉活らしいご報告ですね。
トークショーの後の懇親会で舞台挨拶なんかでは聞けないようなこともお伺いすることができました。

どうして今頃?なんて思いましたか?
youtube×東映で時代劇セットも作ったりしてるとか。
YouTube×時代劇 東映、太秦映画村の本格セットをクリエイターに無料公開 - ITmedia ニュース

だから、参加者も多くは、youtuberと呼ばれる人達?映画監督志望の方たちのようでした。

ちょっと遅れてしまい、「幕末高校生」の殺陣のシーンを流してました。
玉たんの、渾身の100手の殺陣ですね。

ここでの苦労した点は、普通時代劇、殺陣のシーンは夜撮るものなんだそう。
なのに、ここでは早朝。そして、勝海舟は人を斬らない。敵が明確でない。(ひとりでない)
ということで7分間ずっと戦っている。

玉木くんはスマートな顔をしているので、(どうしてもクールになってしまうから?)
何をしようとしているのか出したかったとのこと。
ほんとうにヘトヘトになるまでね。

スローになるあたりから、特に執念を感じるように。

おかげで見ている方はとても見応えのある臨場感溢れるシーンになりました。
7分間を3テイクも撮ったらしいです。
でも、役者さんがケガをしてもいけないしと、ある程度のところでここまでと判断するのだそうです。

玉たん、本当にお疲れ様でした。



うかつにも突然自分の質問が読まれたりしてビックリ!!(申し込みの時にフリーで書くスペースがあった)
Q.名所旧跡での撮影で苦労したことは?撮影裏話など教えて。

この時は、彦根城での撮影は坂の多い土地柄大変だったが、現地に「マグナム」というチーム?があって助かったという
お話でした。映画文化がここまで浸透しているのかと感心したそうです。
(「彼らは2軍だからまだまだ」みたいな会話があると)

もっとオタクに玉たんのことを聞けば良かったかなーなんて思ったりして。
でも、あったか。
現場に来てもらった監督のマッサージ師の方に、玉たんが殺陣でお疲れのところをみていただいたそうです。
あたちもマッサージ師に化けて行くべきだったか・・・。



1時間のトークショーの後、フリードリンクや軽食も出していただき、東京タワーを眺めながら交流。
六本木ヒルズ、素敵

懇親会では、殺陣のシーンのカット割りとか演出のこととか聞けました。
2分割になったり、キンキラなるのはいらないかも?みたいな気もしたのですが、
それなりに苦肉の策でもあるようです。

あれだけ続くと同じ人が出てきたりわかったりしないのか?なんて思います。

あとは生意気にも「LOVE要素」が足りないんじゃ?なんて言ってしまいすいません。
ラブシーンなんてあったらあったでヤキモキするくせにな。

そんな細かい話もしましたが、とにかく映画作りは資金集めに始まり撮影の時もいろいろ起こりとにかく大変そうです。
何をやりたいか、ということを伝えるのが大変とも。
きっと思い通りに行かないところもたくさんあったに違いない。

「どんな時代劇をやりたいか」と聞かれ「時代劇にはIF(もしも)が詰め込められる」とのこと。
必ずしも事実じゃなくてもいいってことですよね。
あと、最近は年配の役者でなく若者がやってる。「るろうに剣心」とか。そこが変わってきた。
若い人にも見てもらわないとね。

youtubeを見て思うのは、バカバカしいことでも真剣にやっている面白さ、っていうのがいいそうです。

監督が最近見て、ちょっと感動し、ちょっと泣いたのは「銀の匙」だそうです。
お子さんにはこんなので泣くの?と言われたそう(笑)

「泣く」と「笑う」というまったく違う感情を一度に起こさせる、そんな映画が作りたい。
映画というエンタメにはそれが出来るとおっしゃってました。

「燃えよドラゴン」が好きだし、バカな主人公も好きだし、といろいろとおっしゃってましたね。
やっぱり李監督の作品に「笑」は外せないみたいです。

10回見たけど、15回は・・・家でも見てるのでもうその位いってると思います。
次回も何かありましたらよろしくお願いします。また次回作の予定あるみたいです。





早速玉たんがアップされてますね!!
LION ブライトW

CMも!!爽やか~上からボトルがシュと下りてくるのが面白い!最後、ボトルが邪魔なんですけど。

こういう爽やか玉たんも大好きですよ!!


YOUTUBE



帰ったら、「きょうは、会社休みます。」のブルーレイが来てました!

ブックレットとメイキングが充実してます!

なんだか今日は盛りだくさんね、
寝る前までいろいろ来ちゃった。

おやすみなさい。

  
ポチポチお願いします。
拍手する