ココハナ12月号

ひゅる~  寒くなって来たね~

今日は、「ココハナ」12月号の発売!!

月刊誌なんて久しぶりなんだけど、買ってしまった。
「クローバー トレフル」の表紙ね。「クローバー」昔読んでた。

きょうは会社休みます。
はるかちゃんと藤村先生、蒼汰くん、玉木くんのインタビューが掲載されております。

お話は続きが気になります!!(ダメよダメダメ~)
やっぱり、身近に起きそうなこと、思い当たる節もあるからこんなに読みたくなるのかな?
でも、イケメンふたりに言い寄られるモテ期なんて、なかなかありませんぜ。

はるかちゃんのインタ、初めて読む内容で面白かったです。
「たぶん青石さん、オレのこと好きですよ。」
という言葉にまつわるお話。
かっこいいよねぇ、一歩間違えるといやなやつだけど。

9歳年下かー。普通なら考えられないけど、相手が田之倉くんだから恋に堕ちたんだろうね。
でも続くかは本人たち次第です。

玉たんのインタはどこかで読んだことある内容ですが、
蒼汰くんが、オファーを受ける寸前に原作を読んでいて、朝尾さん役は玉木くんを
想像していたってお話。

予知能力!?
デキル男ってイメージだって。
なんだろう?千秋のイメージでもあったかな?

花笑みたいな経験少ない女性のことをどう思う?っていう質問と、
年下男子が恋のライバルになったらどうする?って質問です。

ひろちにライバルがいたことはありますかー?
ってのをまず聞きたいです。

原作とドラマはにゃにか別物のような気がしております。
原作は田之倉くんがオトナ可愛い理想的な男子として描かれております。
ファンタジーとわかっていても楽しい

あたくちの場合、ドラマは純粋に玉たん中心で見ておりまして、
花笑さんと田之倉くんの胸キュンを見ていても、
「早よ、ひろし出んかのぅ」と思ってるんですよ、これが。

原作に無い、キザなシーンがいっぱい用意されていますように。
逆にシュンとしたところでもいいかも。
いろんな表情が見たいわ。
自分が起こした会社の秘書さんは誰がやるんだろうか?

っつーか、原作のどこまでやってくれるのか?
いろいろ気になっちゃう!!

あと、原作もドラマも、花笑さんのここを好きになったって瞬間を見せてほしかったんだけど。
共感するポイントがきっとあったんだろうけど。

ということで、人それそれの楽しみ方でいいんじゃないでしょうか~

とうとう明日は「きょうは会社休みます。」第3話。

  
ポチポチお願いします。
拍手する