「変身」

今日、BSプレミアムで映画「変身」(2005年)を見てしまいました。
これをやってくれるとは思わなんだ。

見てしまいました。というのは、これまでも何度も見ているし、
ファンなら一応見ておきなよっていう初期の作品なんですが、

やられたよ。

最近の円熟味を増した、ひろちの演技を見ていたから、
初々しい演技なのにー、やたらガタイがいい若い青年の、
前髪下してて可愛いのに、腕はなんだか逞しかったり、
画家を目指してる草食系なのに、
変身後の女を襲うシーンは獣っぽくてドチドチします。

そして、脚本のせいなのか演出のせいなのか、
東野圭吾作品なのに全体的にまったりしてイマイチ感が否めないのに、
ひろちとあおいちゃんの演技だけが光ってます。

あの医者でさえ「張り倒してやる!」と思うほど下手な爺さんだ(すいません、なんかそんな感じ)

いろいろとチグハグな作品ですが、
うかつにも見てしまい、玉たんの素晴らしい素材感を目の当たりにし、
そして、わかっているのに最後は泣いてしまうという。。。

やっぱり好きなんだなぁ、この人が。。。と、しみじみと再確認してしまう。

しかし、ほんとにもう、死ぬ作品ばっかりだなぁ


次回作、楽しみにしています。
今度は死なないでと言いたいけどどうでしょ?

RA★MGもうすぐだ!準備を加速☆彡
玉たんはまだ撮影かなぁ


変身 [DVD]

変身」って言っても「ライダー系」の変身じゃないよぉ~
(わかってるって)


  
ポチポチお願いします!
拍手する