「悪と仮面のルール」(HTDムービー)

12月7日解禁。
感想などはこの日の先行上映会後からOkとのことでした。

悪と仮面のルール

原作を読んだときは、犯罪者心理がテーマか。と思ったんだけど、
映画は「恋愛映画」に仕上がってました。切ない

ひろちにあんな顔させるとは

司会はおなじみの伊藤さとりさん。
1回目の回。ゲストは松橋真三P、平野宏治P。

出演が決まるまでの経緯など、たくさん聞けました。

松橋Pとは、「恋愛小説」「ただ、君を愛してる」「MW」「すべては君に逢えたから」・・・
たくさんご一緒してます。次にどんな役をやってもらおうかなぁという感じなんだそうです。
ストイックに役に打ち込む様子とか教えていただきました。

ぜひ、アクションものをお願いします。身体動かすことは、全然大丈夫ですから。
(知ってるか)
ボクシングでもいいんですけど、顔は打たないで!(というファンからの願い)


3回目の会。ゲストは原作者の中村文則先生。

中村先生の玉たんに対する印象というか感想が
「あ、玉木宏だ!」

ま、そうなんですけど。(^^;

ベッドシーンの時に見学に行ってしまったので、玉たんの印象がいつも上半身裸って。(笑)
街の選挙演説で撮影が止まるたびに話に来てくれるって。ええ子やー

いやぁ、さわりだけな感じのベッドシーンでしたけど、
期待させといて、やっぱここで止まるか、みたいな。

映画の感想ですか?
あたちは最後、文宏様を愛おしく感じました。
殺人者なのに。

最後良かったです。

原作よりも、悪の家系って何なのか、少しわかったような気がしました。
戦時中にお祖父さまが軍事の事業に携わるようになったから。

悪の家系と思ってしまったのは戦争を体験したから、だと思うんだけど。
違うかな?病んでたんでは?

地下室みたいなのが出てきて、その辺はなんか悪の家系をかなり隠微に脚色してるかな~
(原作どおりですけど)

とにかくやっぱり玉たんが熱演しています。
二重人格というわけではないですけど、それ位違う顔をしてます。

雑誌などでも話してるけど、
整形で顔を変えて、というところ、顔に針を打って演技に臨んだというほど。
整形前と整形後の表情の違いや気持ちを体現したかったのかな。

中村先生が言うには、整形前はそんなに男前の人じゃなくて、整形後に男前になった
という設定で書いたんだそうです。

そうなのかー。子役の子も可愛かったけど。
顔は変えても声は変わらないよね。絶対バレルよね。

あまり、近くない世界のお話かな?と思いきや、
大人な感じの部分もあり、ファンタジーっぽい要素もあり、
やっぱり玉たんを堪能したのでありました。

138分という長い映画ですので、お正月の時間のたくさんある時にぜひご覧ください~
そう、ゆっくりした気持ちの時の方がいいかもしれません。


悪と仮面のルール公式HP


何度もリピート放送ありますが、ケーブルテレビに入ってないと見れません。

「伊藤さとりと映画な仲間たち」(CH700)(ケーブルテレビ)
番組HP

12/8 (金) 19:30 伊藤さとりと映画な仲間たち#16【初回】
12/9 (土) 20:30
12/12 (火) 23:30
12/15 (金) 19:30
12/17 (日) 11:00
12/19 (火) 23:30
12/22 (金) 19:30
12/23 (土) 20:30
12/24 (日) 11:00
12/26 (火) 23:30
12/29 (金) 19:30
12/31 (日) 11:00
【1月】
2018/1/2(火) 23:30
2018/1/5(金) 19:30
2018/1/7(日) 11:00
2018/1/9(火) 23:30

ショートバージョンはyoutubeでも見れるそうです。
YOUTUBE
https://m.youtube.com/user/itosatori

伊藤さとりさんのブログ


ポチポチお願いします。
拍手する