「あな家」第7話

今日は離婚へ向けての一本道?
あなたには帰る家がある」第7話。

終わりそうな夫婦のデートシーンが結構長くて、コミカルなシーンが長くてほっとした。
もうダメって割り切った真弓だけど、恋人関係の時は、きっと自分にないところを持っている秀明のことが
好きだったんだろうな。ロマンチストだし。

カップルってそういうもんじゃん。
無いところを埋め合わせるようになってる。

高い指輪をポケットに入れっぱなしとか確かに雑だし!!
(いくらしたと思ってるんだよ)

でも、異様に優柔不断だよね、秀明は。
「やり直そう」って言えないし、押しかける綾子を断れないし。

ただ、長く一緒に居る間に感謝の気持ちと言葉が足りなかったのかもね。

茄子坊は全身モラハラな態度が激化してるけど、真弓に言われるまで全然気づかないっていう。
「俺が食わせてやってるんだ」って言いたいのはわかるけど、それが男の精神的基盤になってるのかも
しれないが、言葉にしちゃうと終わりだよね。
じゃ、金の切れ目が縁の切れ目かもね。何か引け目がなきゃ、あんたなんかと居ないよ。
あたちはやだね、こういう奴。

原作では若い頃の真弓はちょっと計算高くて(結婚したくてわざと妊娠しちゃう)、結婚してからも甘ったれで我が儘かなと
思うけど、最後には少し成長して一歩踏み出している。
ドラマはサバサバした現代の女性寄りのキャラにしてるし、赤裸々すぎるくらいに結婚の現実を表現してる感じがします。

第11話まであるようだし、目が離せない!
今日はいつものホラー感がちょっと少なめで見やすかった。
綾子は相変わらず怖かったけど。へそくりも隠してたし。

まだまだ秘密が隠れているぞ!!

麗奈ちゃんが心配だ!!

中谷美紀の“家”、木村多江の“思い出” 『あなたには帰る家がある』別れに辿り着いた2人の先は?(Real sound)

『あなたには帰る家がある』に見る“演者バトル”ドラマの妙 (オリコン)

玉たんも演技派ですけれども、こんな優柔不断なキャラとは。。。あんなにムキムキなのに。
次はかっこいい姿が見たい!!

関係各位!渋めの意外性のある役とかオファーください!!脱いでも凄いです!

  
ポチポチお願いします。
拍手する