+act miniの玉木くん

こんばんは。じゅんにゃんです。
天気悪いねー。そういいながらも近くの映画館に「SP 野望編」を見に行きました。
岡田くんがスゴイことになってるよー。若い役者さんは皆体張ってるねー。大変にゃ!!

さてさて、昨日買った「+act mini」vo.11(ワニブックス)、なかなか面白かったです。お写真もギルティになる前の玉木くんみたいで、いつもとちょっとスタイリング違うなーと思ったら、中山さんじゃなくてイトウケンタさんです。

キャブー!!宏、色気満タンです腕がしゅてきでしゅこういうのもいいよねー!

ここまで着崩せるのってなかなかこなれた人じゃないとできないよね。レギンスはいてんのかー。

インタビューはですね、「ギルティ」の話が中心ですが、30歳になって楽に演じられるようになったと。他でも言ってますけど、本人的には年のことを相当意識してるんだなと改めて思いました。

共演者は年上の方ばかりだけど、とっても楽しそう。なんつーか、上の人からは学び取り、下の人には・・・どうなんでしょうね。作品作り自体をとても楽しんでいるようだし。
昨日のNakedでは吉瀬さんからのコメントでしたね。(なんか嬉しそうだった)
ラジオで言えないどんな話をしているのやら。。。

玉木くんの刑事役、じゅんにゃんも嬉しいよ。
でもラブストーリーだからあまり刑事らしい場面がなくてね。
玉木くんも過去の真島を演じた時は「俺って刑事っぽいな」ってイキキしたって。

もっと見たいよねー。追跡とか格闘とか拳銃撃つところとか逮捕するところとかさー。

共演者とのコミュニケーションの取り方のところで、「距離を縮められると困っちゃう」と言ってましたね。
玉木くんはやっぱり独り好きなのかな?と思っちゃった。

皆ある程度表の顔だし、最初っから腹割ってもいないだろうけど、でもあくまで自分のペースで進めたい、と。(笑)
なんていうか、嵐のようにやって来て嵐のように去っていく人なのかもしれないなー。玉木くんって。

玉木くんが次にエポックを必要とするのは、他人との距離の取り方だと思うな。
なかなか、自分のやり方は変えられないと思うけどねーーー。
玉木くんのペースを崩せる人がいたら、それは凄いでしょうね。

他人の気持ちには鈍感かもね。(あくまで想像だがー)
ぐちゃぐちゃした所まで行ってみたらどうだろうかー?(なんて人事だからって)
新境地はいつもやらない所から見つかるもんだからなぁ。

見た目で勝負しているつらさ?玉木宏のイメージのままでいなきゃという部分もあり、それに反発する自分もある。」と葛藤も述べています。

どんな玉ちゃんでも好きだから安心して
どんな時にハマリ役が来て、また、何が世の中にウケルかはわかんないよね~。とにかく演じ続けるしかないんだね。そういう世界。

「気を抜いた瞬間に脱落しそう。生き残るために何をすべきなのか」(平成10月24日読売新聞)

そうなんだー。(ちょっとびっくり)
山の上に登ると次はどっちに行っていいかわからなくなる?
いつもギリギリで頑張ってる方が魅力的でいられるのかもしれないね。

新しいファンもどんどん増えてるよ!!

じゅんにゃんも、どんどん変わっていく玉木くんについていかなくちゃぁ



+act.Mini. (プラスアクトミニ) 2010年 12月号 [雑誌]


人気ブログランキングへ  
今日はハロウィーンだったんにゃ!!宏の新境地にぽちっとにゃ!!
拍手する