bayfmのタイムテーブル6月号と『La Donna Harajuku』の玉木くん

こんばんは。じゅんにゃんです。

この前のNaked玉木くんが言っていた、bayfmのタイムテーブル6月号玉木くんのインタビューが載っています。

ラジオのこと、ニューアルバム制作のこと。結構詳しく語ってます。
ラジオで流す曲は、玉木くんが選んでるんですけど、何でその曲にしたかは全部言わないからリスナーに気づいてもらいたいって。ふむふむ、やっぱりそうなんですねー。

たくさん音楽聴いてるよねー。よくこんな曲しってるなって思う。

そして、他の雑誌でも音楽の話は読むけれど、いまひとつ突っ込みが足りないのは何故?
玉木くんも同じことばかり話してるし。いや、当然なんですけど、ファンとしては「おっ?初耳」みたいなことが知りたいわけで。

確かに話す内容に食い違いがあっては困るでしょうけど。

アルバムでの一押しは「仮想現実=Virtual Reality」という曲なんだそう。

テレビに出ている自分と本当の自分は違うという反発がいつもある、と。

うん、そういうことは前も言ってましたね。
でも、いいと思うんだけどなー。ドラマや映画の役柄で見てくれるってことは、その役を演じている玉木くんが成功してるってことだし、その作品のことも覚えてもらえているってことでしょ。

人に何かを伝えるという、作品の本来の目的も果たしているってことじゃない?
イメージが付いて、同じような役ばかりやらないといけないっていうのは嫌なのかもしれないけど。

でも悪役顔の人とかいるでしょ?そういうのを極めるのも役者冥利に尽きるよね。

やっぱり、自己主張をしたいんだろうか?だから音楽やラジオもやるんだろうか?

そういえば、昨日のワイドショーで「芸人ころがし」とか新しい冠つけられてたね。

んふふ  そういうのが玉木色って感じですけどね。

タイムテーブルは店頭と、郵送で手に入ります。良かったらぜひ。
bayfmタイムテーブル配布先


本日発売の「La Donna Harajuku」vol.5の方は「上京物語」ということで、上京した頃のことを話しています。すでに他でも話している内容ではありますが。

玉木くんの心に残る曲は、槙原敬之さんの『遠く遠く』だそうです。

Nakedでもかけていたし、ファンイベントでもカバーもしたんですよね。(じゅんにゃんは聴いてねー)


「遠く遠く、離れていても僕のことがわかるように 力いっぱい輝ける日をこの街で迎えたい。
僕の夢を叶える場所は、この街と決めたから」

なんだか切ない曲ですね。うりゅりゅ・・・



LaDonna harajuku vol.5


 人気ブログランキングへ
よかったら、ぽちっとお願いします。
拍手する