山本五十六ブックレット

2011110601080000b.jpg
B4サイズで豪華な作りです。まるでプレスシートみたい。
2011110601090000a.jpg
玉木くんの名前は2番目!製作委員会にはたくさんの企業が並びます。

こんばんは。じゅんにゃんです。

今日はいろいろ発売されたものがあります。

映画「聯合艦隊司令長官山本五十六」ブックレット付き前売券。
こちらはまるでプレスシートのようです。

新しい写真は、玉木くんに関しては少なめですが、プロダクションノートや時代背景などが盛りだくさんです。
見る前に、いろいろ勉強したいわと言う方、玉木くん出演作に関しては何でも知っておきたい!
って方にはオススメです。

戦争物は、実はそんなに得意ではないです。
それはむやみに人が殺されたり血なまぐさいシーンが嫌いだからです。

じゃ、なぜ映画になるの?忘れちゃいけないことだから?
もちろんそうだとも思います。
でも、年々自分達の世界とかけ離れ過ぎていて、益々難しくなってきている感じがする。

学生の頃、歴史は試験のために覚えることが中心でそんなに得意じゃなかったけれど、本当は、人間が行き抜くために行ってきた欲望の歴史だとわかっていたら、もっと面白かったのかも、なんて思います。

のほほんとした幸せで平和な子供だったんですなー、自分も。
歴史を学ぶことの面白さを教えてくれた先生がいたら、きっととてもいい先生ですよ。

題名のとおり、山本五十六さんというこの時代を生きた軍人さんのお話です。
とても大きな人だったから、こうしてお話として残るのでしょう。

どんな時代でも、今ある環境の中で、できる限りのことをして生き抜くこと。
自分の信念の元に生きること。

きっといろんなことを教えてくれるのではないでしょうか?

「Cinema☆Cinema」№35「FLIX Plus」も発売日でした。

久しぶりの映画雑誌の掲載で嬉しい

素敵な写真もイッパイですよー 生玉に飢えてますからー

 
Cinema★Cinema No.35 2011年 12/19号 [雑誌]
FLIX plus vol.8(フリックスプラス)2011年12月号増刊

どちらもロングインタビューですよ。読みごたえあります。


真藤利一という役は、語り部だけどあまりセリフはないそうです。
撮影も2日間で終わっちゃったって。
でも、セリフがないだけに、表情や佇まいでこれまでにない演技が見られるのではないかな?

成島監督はとても繊細で演技もしっかり見る人なんだそう。
そして時代考証に合わせ、モミアゲをすっぱりカットされた、と。
(でも、のだめの時は自分で剃ってなかった?)
本人的にはあるのが好きなのかしらー?

ま、それはいいとして、

香川さんとのエピソードが面白かったわ。
皆年長の役者さんばかり、個性の強い人もいて、短いけれどとても刺激的だったんでは?

今日から、新しいポスターが貼られ、新しい予告も劇場で流れているそうです。
音楽も、熟年者層向けの小椋佳さんと、まきちゃんぐさん(デカワンコの主題歌を歌った人だって)
の2通り用意されているそうです。

注意して聞いてみてね~

 人気ブログランキングへ
良かったらぽちっとお願いします。
拍手する